楽しいYOGA

きらきらひかる日常を
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンの怖虫

さてさて、

引きつった顔で入園式を終えアンは、

当然のことながら、引きつりまくった顔で幼稚園生活を始めることとなりました。

イヤ、実際には、引きつることさえできず、

完全に大泣きで、『思考能力ゼロ』&『状況受け入れ拒否』態勢を貫き通すこと4日。

親子共に、ハードな日々でした。

朝起きた瞬間から、寝る間際、寝言まで、

アンの心は、

『幼稚園怖い~。』

に占拠されてしまっていました。

ご飯を食べているときも、お風呂に入っているときも、オヤツ中も、寝ているときも、3日間ずーーーっと泣きどおしで、目の下は赤黒く腫れ上がり、こすりすぎてガサガサになっていました

実は私も、入園式で担任の先生を紹介してもらったときに、そんな予感はしたのです。

アンが今までに会ったことのないタイプの、明るくて、元気がいい先生だったから、、、

アンの試練だなぁと思いました。
(親の試練でもありますが、、、)

きっと、慣れて先生ときちんと向かい合えるようになれば、

一緒に遊ぶのがとても楽しくなるのだと思うのですが、

『先生=よく褒めてくれて、構ってくれる』

という、アンの心の中の図式が当てはまらず、完全拒否に陥ったのだと思います。

私も、最初の3日間はお家でできる限りフォローしようと必死だったのですが、

疲れきって起きた4日目の朝、とうとうキレてしまいした

『もう!いいかげんにしなさい!!いつまでもメソメソメソメソ。アンの怖虫は、アンが泣いてるとどんどん増えるんだよ

あ、やっちゃった、、、

と思いました(笑)

打ちひしがれた女優気分のアンは、

案の定パパに助けを求め、

『ママイヤだ~。パパといく~

と大号泣。

この発言は、産まれてこの方聞いたことがなく、

今まで、保育園すら中に入って送ってくれたことのないパパが、

流石にヤバイと思ったらしく、

仕事を遅刻までしてアンを幼稚園に送ってくれました。


そして、、、


この日を境に、全てが好転し始めました。

私もなんだか吹っ切れて、

アンも、帰りにお迎えに行くと、

なんとなくニコッと笑って、恥ずかしいような、晴れがましいような表情をして、

『ママ~おかえり~

と言って、走って寄ってきました。

まだ、目の下は赤く晴れたままだったけど、

これで一山越えたな、と思いました。

担任の先生も、延長保育の先生も、心なしか表情が変わった気がしました。


納得いかないものを受け入れる、、、


私も、アンも、先生も。


お互いが模索していて、突破口が見えた瞬間だったのだと思います。

きっとアンのことなので、この先もこんなことはあるとは思うけど、

やっぱり私たちは見守っていくしかないなぁと。

見守ってあげようと、心から思いました。

そして、今回、意外な活躍でそよ風を吹かせてくれたパパに感謝です。

パパに聞くと、何を言ったわけでも、何をしたわけでもないらしいですが、

パパの得体の知れない(?)雰囲気が、今回は大いに役にたったわけです


ふー。

今日の記事も長くなってしまったけど、

とりあえず今は、元気に通っているので書けた内容ですネ。

また、書きまーす

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kirakiratoumeikan.blog.fc2.com/tb.php/64-8917373a
まとめteみた.【アンの怖虫】
さてさて、引きつった顔で入園式を終えアンは、当然のことながら、引きつりまくった顔で幼稚園生活を始めることとなりました。イヤ、実際には、引きつることさえできず、完全に大泣...
まとめteみた.【アンの怖虫】
さてさて、引きつった顔で入園式を終えアンは、当然のことながら、引きつりまくった顔で幼稚園生活を始めることとなりました。イヤ、実際には、引きつることさえできず、完全に大泣...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。