楽しいYOGA

きらきらひかる日常を
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分

今年の節分は、私のインフルエンザのため、アンを保育園に登園させることができず、

家でやることにしました。

もちろんパパの帰りは遅いので、

私とアンの二人芝居

けど、アンもだいぶ内容が飲み込めているようで、

自らこんなことを言い出しました。

『ねぇ、ママ、鬼、交換こでやろうね 最初はママが鬼やっていいよ。アンちゃん、鬼はソトするから

・・・・・・

こんなことが言えるようになったのかと感心しながら、

鬼のお面を顔に当てて隣の部屋に移動した私。

アンが大きな声で、

『ママ~っ、いいよ~~

と呼びかけるので、

『よし、行くよ~

と返事をして、

ガラっと戸を開け、

『悪い子はいないか~
『鬼だぞ~。』

といいながら入っていきました。

当然、『鬼は~外~』と豆が飛んでくるものと構えていたら、

な、なんと、目の前にいるのは、

瞳孔を見開いて、固まって動けなくなっている娘ではありませんか

数秒の間の後、

『ママ~、やめてよーーー。鬼、嫌だってばぁ ゴワイ~~~

と泣き叫んで私の足にしがみつき、顔をうずめているのです。

自分がやってって言ったんじゃん、

と思いながらも、あまりの可愛さに母性本能MAXにふくれあがり、

ギューーっとしてあげました。


その後落ち着きを取り戻し、

『今度はアンが鬼やるからね』

と言って、隣の部屋へと移動して行ったアン。

まだやるんかい と思いながらも、

入場してきたカワイイ鬼さんに向かって豆を投げると、またまた号泣

今度はどうしたのかとおもって聞いてみると、

『この鬼さんは優しい鬼さんだから、お豆投げないでよぉ。鬼は外しないでよぉぉぉ

だそうで、

それがこの鬼なわけですが、



まぁ確かに、人の良さそうな感じのお顔つきではありますね

娘の気持ちとかわいさに、翻弄された今年の節分でした

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kirakiratoumeikan.blog.fc2.com/tb.php/52-020bc920
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。